【知らないと大変!】肌のおすすめ保湿ケアの方法徹底ガイド

【知らないと大変!】肌のおすすめ保湿ケアの方法徹底ガイド

 

保湿ケアの大切さに関して

 

赤ちゃんや子供の肌はみずみずしくてハリと潤いがたっぷりありますよね。押しても弾力があって跳ね返ってきます。自分もかつてはあんな肌だったのだということが信じられないくらいです。

 

年齢を重ねていくと肌は太陽の光を浴びる時間が蓄積されていきます。光を浴びることで年齢と共に、潤いが不足しみずみずしさが失われていきます。これは光老化と呼ばれており、紫外線ダメージの蓄積によって肌が老化していきます。光を浴びない二の腕の内側の筋肉などは、白くてきれいなままですよね。

 

何もせずに肌に潤いがキープできるのは子供のうちで、足りない水分は化粧品で補う必要があります。化粧水や美容液で保湿ケアする前に大切なことが1つあります。それは肌についた埃や皮脂などの汚れをきれいに落としてから保湿することです。

 

いくら良い化粧品を使ったとしても、塗る肌が汚れていては効果半減です。汚れを落としてからたっぷりと肌に水分を与えてあげましょう。

 

水分以外にも美肌のために美容成分を補ってあげましょう。化粧水で保湿をした後に肌を放置していては、すぐにまた乾燥してしまいます。化粧品はアイテムごとに使う順番が決まっています。水溶性の化粧品で水分補給した後は、美容クリームや乳液などの油脂性の化粧品を重ねます。油分で肌にフタをして水分の乾燥を防ぐための大切な順番です。

 

この順番を逆にしてしまうと、油分が邪魔をして肌に水分が浸透しません。スキンケアは正しい順番を守って使用してください。基本的には化粧水、美容液、乳液、クリームの順番です。

 

保湿ケアの方法に関して

 

【知らないと大変!】肌のおすすめ保湿ケアの方法徹底ガイド

 

保湿ケアの基本は水分を肌に届けて潤いをキープすることです。洗顔をした後は1秒でも早く化粧水と乳液をつけると乾燥を防ぐことができます。お風呂上りは入浴前よりも肌が乾燥している状態です。
顔にまだ水分が残っているうちにすぐに化粧水をつけると良いそうです。

 

化粧水の前にとりあえず顔に水をスプレーして、着替え終わってから化粧水をつける方法もあります。肌が乾ききる前に保湿ケアをしましょう。

 

洗顔をするときにはお水で洗っていますか?お水でも汚れが取れますが、30~32度程度のぬるま湯の方がお勧めです。寒い冬のシーズンは温かいお湯で洗いたくなりますが、肌が乾燥してしまうので避けてください。

 

洗顔後に肌のつっぱりを感じるようであれば、皮脂を落とし過ぎています。必要な皮脂まで洗い流してしまうと、肌は皮脂を分泌させます。油でベトベトなオイリー肌になりかねないので、洗顔後にしっとりする洗顔フォームを選びましょう。洗い過ぎは禁物です。

 

力を入れて洗うと肌に刺激を与えてしまいます。なるべく手が肌に触れないように、たっぷりと泡を立てて泡で汚れを落としてください。

 

肌に優しい洗顔料は合成界面活性剤を使用していない石鹸です。「合成界面活性剤不使用」という記述が無い場合は、ほぼ合成界面剤が入っています。合成界面活性剤は高い洗浄力が魅力ですが、肌に必要な潤いまで奪ってしまうので乾燥肌の方はなるべく避けてください。

 

洗顔の後は保湿成分の入った基礎化粧品でしっかりと保湿ケアをしてください。セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが入った化粧品を選ぶと良いでしょう。

 

オイルケアについて

 

【知らないと大変!】肌のおすすめ保湿ケアの方法徹底ガイド

 

美容オイルでオイルケアをする女性が増えてきているようです。美容オイルは肌の美容液として使えることはもちろん、肌を柔軟にして保湿力を高めてくれます。マッサージにも有効ですよね。

 

オイルなので肌の乾燥を防ぐためにスキンケアの1番最後に使っている人が多いようですが、実は逆の使い方でも有効なんです。化粧水の前にオイルを使用すると、オイルが化粧水をはじいて保湿できない感じがしますよね。実は、美容オイルにはオイル以外にもブースター美容液と同じような役割を持っています。

 

ブースターは肌の角質を柔らかくして、化粧水をぐんぐんと吸い込ませてくれるくれる機能があります。洗顔後すぐに美容オイルをつけると、角質幹細胞の乱れを修復して水分をキープする準備が出来上がります。

 

角質幹細胞は油性のものと相性がいいので、美容オイルとうまくなじみます。保湿力がアップするので化粧水の前に使ってみてください。

 

スキンケアの後に1~2滴の美容オイルをつけると、外的ダメージから肌を守ってくれます。リキッドファンデーションに1滴混ぜて使うと、メイクのもちが良くなります。肌だけでなく髪に塗っても乾燥を防いでくれます。オイルケアは美容に良いこと尽くしなので上手に活用していきましょう。

 

オイリー肌の人は美容オイルを避けているかもしれませんが、1度使ってみる価値はあります。さらに肌がテカりそうで心配ですが、過剰に出ている皮脂の分泌を抑えることができるのでオイリー肌が改善されるかもしれません。サラっとした使い心地のホホバオイルで試してみると良いでしょう。

 

美容オイルについて

 

【知らないと大変!】肌のおすすめ保湿ケアの方法徹底ガイド

 

美容オイルは植物から採れるオイルです。どの植物由来かによって性質や効果が変わってきます。自分の肌質に合った美容オイルを探して日々のスキンケアに取り入れていきましょう。

 

私のお勧めは「ジョンマスターオーガニックのアルガンオイル」です。数々のベストコスメ大賞に選ばれおり、世界中で愛されている美容オイルです。希少なモロッコ産のアルガンの実を、熱を加えないコールドプレス製法で抽出されています。石油やカーボンベースの製品を一切使用していない純度100%のオイルです。

 

アルガンオイルはオリーブオイルの3倍ものビタミンEとオレイン酸が豊富に含まれています。ビタミンEとオレイン酸は高い抗酸化力があり、活性酸素を除去する働きがあります。皮膚の血液促進にも効果的で、肌の新陳代謝を活発にする効果が期待できます。

 

アルガンオイルはサラサラで肌になじみやすいテクスチャなので、肌に塗ってもすっと溶け込んでくれます。使い続けていると肌のキメが整い、保湿できる肌に生まれ変わってきます。

 

肌につけるのもお勧めですが、ヘアケアにも有効です。乾燥した毛先につけると髪がしっとりと落ち着いてきます。浸透力が高くベタつかないので安心して使ってください。

 

コンディショナーに数滴混ぜて使っても髪がしっとりします。パサパサの髪は老けて見られてしまうので、なるべくなら避けたいですよね。

 

アルガンオイルは肌にも髪にも使える万能オイルです。刺激が少ないオイルなので、敏感肌の人にも安心して使うことができます。

 

59mlで5,292円(税込)なので値段が高いと思うかもしれません。全身の美容に使えて、使用量も数滴ずつなので意外ともちが良くコストパフォーマンスにも優れています。

 

更新履歴